番外編:慶楽 有楽町(広東料理)

今回はどうしても記憶に残しておきたくて、大手町からは少し外れた有楽町のお店です。
このお店は2018年12月28日、閉店しました。
多い時は週一でランチしに通っていたくらい、大好きなお店です。
閉店前の週末にお邪魔したので、レポに残したいと思います。

慶楽 有楽町



有楽町から新橋方面に線路沿いを歩いて行くと、慶楽があります。
かなり年季の入った佇まい。
この日は土曜日で、閉店を聞きつけた方でかなりの行列ができていました。


やっと順番が回ってきそうです。
ここまで1時間待ちました。


閉店のお知らせです。
悲しい・・・。



お店のメニューです。
結構品数は多かったのですが、どれを食べても絶対外れない、希少なお店。


調味料と紙ナプキン。
唐辛子酢の調味料がとっても美味しくて、何の料理にかけても美味しくなります。
そして紙ナプキンは、お店の方がせっせと折ってこの形にしているんですよね。
おかみさんが折っているところを見たことあります。


牛肉の焼きそばです。
このあんかけが美味しくて、いつも食べてました。コレのあんかけご飯やつゆそばバージョンもあって、全部美味しいんです。
この味は他のお店では絶対に食べられないものでした。


レタスの牡蠣ソース炒めのごはん。
本当に絶品で、大好きでした。


肉ともやしのつゆそば。
あっさりしているのにコクもあって、本当に美味しいつゆそば。


しゅうまい。
シンプルなしゅうまいですが、ジューシーで本当に美味しい。


このお店には店員さんですごく綺麗なお姉さんがいらっしゃったのですが、この日、私の顔を覚えていてくださったのに感激しました。

本当に美味しいお店で、私にとって唯一無二の存在です。大好きでした。
慶楽の皆さん、本当に今までありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

またこのお店の味に出会えることを願っています。


コメント

関連記事



スポンサーリンク